ABOUT US山内組について

地域を明日へつなぐ技術。 地域を明日へつなぐ技術。

地域が私たちに求めることは何か。
山内組は1931年の創業以来、ずっとそのことを自問自答してきました。
生活のインフラを造る。壊れた道路を補修する。暮らしに寄り添った家を設計する。
大工から始まった私たちが現在の形へと進化・変化を続けてきたのは、
地域の人々の声に応えたいという想いからです。
地域の今日を守り、明日へとつないでいくために。
私たちに何ができるかを考え続ける企業でありたいと思います。

地域貢献活動

地域の小学校へ出張授業を実施。
実際の建設機械にもふれてもらいながら、
私たちの仕事について説明をしました。
建設用の大きな乗り物に興味津々の子どもたち。
将来、私たちの業界をめざす子が出てくれると嬉しいです。

トップメッセージMESSAGE

代表取締役社長 山内 実

地域が求めることに、NOは言わない。

初代・山内喜八郎が山内組を創業したのが昭和6年のこと。当初は家を建てる大工集団でした。
高度経済成長など時代の流れの中で土木事業が拡大し、昭和49年に法人化。その後、二つの営業所を開設し、新潟県から優良工事表彰をいただくなど着実に実績を築いてきました。

ずっと変わらない当社の姿勢が「必要とされたら、何としてでもやる」ということ。当社の誇るべき創意工夫の精神も、毎回どうやればできるかを考え抜いてきたからこそ得られた財産です。

創業100年へ向け、この技術と経験に更に磨きをかけていきたいと思います。

会社名 株式会社山内組
代表者 山内実
創業 昭和6年4月
設立 昭和28年1月
資本金 2000万円
従業員数 17名
事業所 田上営業所
白根営業所
事業内容
土木・建築事業
公共土木工事をメインに建設業務全般
住宅事業
設計から施工までトータルサポート